スポンサーリンク

とにかく強かった!10月5日土曜日、豊田スタジアム(愛知県|収容人数約4万5000人)で行われたプールAの日本VSサモア(ランキング17位|2019年6月)の戦い、かなり盛り上がりましたね。

最後の最後で松島のトライも決まり、ボーナスポイントも獲得。

4トライ以上なら勝敗関係なく1点、7点以内の敗戦でも1点のボーナスポイントがある。2015年ラグビーW杯(ワールドカップ)では、日本は3勝1敗で勝ち点12。ボーナスポイントが0点だったため同じ3勝1敗の、南アフリカ(勝ち点16)スコットランド(勝ち点14)で決勝トーナメントに行くことができませんでした。ボーナスポイントは非常に重要です。

ベスト8を自力で手繰り寄せたイメージがあります。

サモア(ランキング17位|2019年6月)の選手も完全に日本の実力にお手上げの営業で、コーチは「15人以上と戦っているようだった」と、完全に日本の強さに脱帽しているインタビューをしています。

サモア(ランキング17位|2019年6月)の選手も、フィジカルで言えばかなり強く、タックルとかでも当たり負けするのではないか?と心配していましたが、蓋を開けてみると日本のフォワード(FW)人が圧倒的に強く、強さはまぐれではないと実感できました。

スポンサーリンク

リーチ・マイケルの動きが個人的にはかなりよかったと思います

リーチ・マイケルのタックルがかなりよかったと個人的には思います。

ボールの出所にしっかりとタックルをするリーチ・マイケルの動きがかなり私的にはよかったと思っています。

また、田中史朗(たなかふみあき)選手もかなり良いパスを出していて、本当にフォワード(FW)人が頑張ったな…と個人的には思っています。

スポンサーリンク

日本(ランキング11位|2019年6月)VSサモア(ランキング17位|2019年6月)→瞬間視聴率46.1%

2019年ラグビーW杯(ワールドカップ)日本大会が始まった当初は、Yahoo!ニュースでもあまり騒がれなかったのですが、快進撃を続ける日本に影響され、だんだんとラグビーの記事が多くなってきた気がします。

視聴率的にもかなり上がっているようで、土曜日は週末ということもあり、約半数の人が日本の活躍を見ていたことになりますね。

ちなみに、アイルランド(ランキング3位|2019年6月)に19-12で勝利したときは、NHKの中継で瞬間視聴率28.9%だったそうです。

今度のスコットランド戦は、日本(ランキング11位|2019年6月)が初めてのベスト8に行く可能性が高まったため、今回よりももっと注目度が高いのではないか?と思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事